« こんなトコロにMACHACOが! | メイン | FIRE BALLとPAPA Bがアメリカ村を占領 »



2005年06月09日

Capleton、フランスツアー中止

365gay.com:French Can Concerts By Anti-Gay Reggae Singer

今月行われる予定だったケイプルトンのフランスツアーがLGBTの権利グループにより中止させられました。LGBTとは、『レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)、広義のトランスジェンダー(Trancegender)の人々を総括して指す言葉』だそうです。つまり、同性愛者の団体からの圧力。少し前もSIZZLAで問題になったけど、今度はCAPLETONです。

どうなんでしょうね。最近やたらこんな問題多く無いですか? 同性愛が社会的に認められて来たからなのか、それともジャマイカのアーティストが世界的にメジャーになって来たからなのか。ただ、個人的にはそんな事を気にして丸くなっていないCAPLETONやSIZZLAが好きです(最近、SIZZLAは過激過ぎますが…)。歌詞を変えてまでやってるって聞いたらガッカリすると思います。そんな事をしてベールにくるんでしまうと、そのアーティストの本質や、レゲエやジャマイカをリアルに感じる事が出来なくなってしまいます。とにかく、フランスのCAPLETONファンの方残念でした。

しかし、365gay.comって凄いタイトルのニュースサイトですね。^^;

投稿者 kitano : 2005年06月09日 21:17



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yellowjamaican.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/108