« NG HEAD 百人組手!かかってこんかい! | メイン | 世界のはてのレゲエ・バー »



2005年11月03日

イギリス、クラブの音量を取り締まり

Higher Frequency : イギリスのクラブ、5デジベルの騒音カットを義務付けられる

サウンドシステムの本場はジャマイカ、クラブシーンの本場はイギリス、ロンドン。そんなクラブ発祥の地であるイギリスには、クラブの音量を定める条例があったんですね。その取り締まりが来年より厳しく強化されるそうです。

-+----------
(Higher Frequencyより一部抜粋)

 イギリス保安当局が、従業員の聴力保護のために、ナイトクラブやバーの騒音レベルに対するさらに厳しい法律を設け、現状の 90 から 5 デジベル低い、85 デジベルにまで下げるように義務付けと発表した。この新しいルールは来年の1月1日から施行され、騒音が 80 デジベルを超えた場合、「雇用者は従業員に対し、耳栓をつけさせるなど、耳の保護を勧めなければならない」とイギリス国立聴覚協会の Mark Hoda は語った。
----------+-

デジベルの目安が載っているサイトがあったので紹介しておきます。90や85デジベルって、全然爆音じゃないんじゃないでしょうか? UKのレゲエシーンが心配になります。

☆ くらしと環境 学習web : 中高生向け 東京の環境問題「騒音や振動」

London Db

更に、イギリスを含めヨーロッパでは無音のクラブというのが広まりつつあるようです。全員ヘッドフォン着用。全く面白そうではありません。(´・ω・`)

☆ livedoor : 【ファンキー通信】ヘッドホン着用の無音ディスコで踊り狂え!

ところで、条例は来年の1月1日施行なので、カウントダウンで「スリー!ツー!ワン!ゼロー!」の後に音量を下げないと行けないんですね。

投稿者 kitano : 2005年11月03日 10:15



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yellowjamaican.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/217

このリストは、次のエントリーを参照しています: イギリス、クラブの音量を取り締まり:

» JAH SHAKA SOUND SESSIONS 2005 from ★kette chant★
UK NEW ROOTS,DUB界の重鎮JAH SHAKA SOUND、いよいよ今週末大阪公演です!! ジャマイカでいえばU-ROYのKING STUR GA... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月04日 10:53

コメント

あさっては@NOONに、JAH SHAKAサウンド来日です。自分もいくつもりでいます☆今日のSTONE LOVEも行きたいところなんですが。。。
しかし、あのUK ROOTSのJAMAICAよりも低い周波数の重低音はどうなるんでしょうかね?ブリクストン辺りでは関係ないんでしょうか?今まで規制があったことも知らなかったし。

投稿者 kette★ : 2005年11月04日 11:00

STONE LOVE いよいよ今日ですね。
皆さん、もう出動開始されてるんでしょうか?
めちゃくちゃ行きたいのですが、今日は行きません。
行かれる方も、行かない方も、この写真でテンション上げてみて下さい。(´・ω・`)

今日の I to I 入り口

JAH SHAKA行かれるんですね。ketteさん、早く風邪治さないと!^^;
実は、この辺の音楽はまだまだ判ってない世界です。

ところで、UKレゲエはジャマイカより重点音なんですね。知りませんでした。
しかし、UKのクラブで音量に決まりがあるなんて意外ですよね。
しかも規定の数値はかなり厳しいし…。イギリスではどんな反響なんでしょうね?

投稿者 kitano : 2005年11月04日 21:01